スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2008年05月06日

そして撤去


昨日の雨も晴れ、いい具合に風が出てきました。



この、風を可視化するというのもねらいのひとつですが、毛糸が短すぎてなかなかこのウェーブが見られずにいました。

そして撤去作業開始です。

このなびき方がまたいいんですねー。
でもしきりと下にいる実行委員のみなさまから毛糸をもっと早く巻き上げろとクレームの電話がかかってきます。冗談みたいな話なんですが、たいがい決まってこの「毛糸はキケン」コールがやってくるんですよね。

モンゴルからの研究生チムダくんも駆けつけてくれました。


何事もなく、三越仙台店屋上の毛糸も回収完了。
これで28日から数えると9日間にわたるアート・プロジェクトは完了いたしました。
毛糸を送ってくださったみなさま、設置作業にかかわってくださったみなさま、見に来てくださったみなさま、そしてキケンなことは何もせずに「キケンだ、キケンだ」とあれこれ指摘してくださった実行委員のみなさま、本当にどうもありがとうございました。無事、制作・展示を終えることができました。
今回、この作品を制作してみて再確認したことは、アートはキケンだということ(もちろんそれはキケンなことをわざとしているわけではなくて、必然的にそうなってしまうことがあるということですが)、そしてそのキケンに腰が引けているようなら、つまり他人事だと思ってかかわろうとするなら、アートなんてやらない方がいいんじゃないかということ、しかしやはり「キケン」(?)を乗り越えて達成した果実はすばらしいものだということです。
どうもありがとうございました。

門脇篤
  


2008年05月05日

今日の四丁目商店街


今日もときどき小雨の降る曇り空ですが、一番町四丁目商店街は相変わらずの大盛況。
毛糸が一部切れている、との通報を受けて「修理」しました。


せんだいメディアテークではKOSUGE1-16さんの巨大紙相撲の千秋楽が行われています。

1時半から始まった取り組みは3時前には決勝戦。ロボの丸が優勝しました!

さまざまな賞が授与され、最後にロボの丸をつくった一家のみなさんにトロフィーや豪華な副賞が授与されました。

表彰式の後はリムジンに乗ってパレードが行われます。


本当にすばらしいワークショップでした。
数日間にわたって緊張感を盛り上げていき、最終日は子どもからお年寄りまで本当に多くの人が手に汗にぎっていました。
残念ながら今日でKOSUGE1-16さんの展示は終了。
明日が「ART仙台場所」の「千秋楽」になります。
毛糸の屋根」は3時から撤去の予定です。
  


Posted by 門脇篤 at 21:33Comments(0)ART仙台場所

2008年05月04日

今日の四丁目商店街

「毛糸の屋根」はとうの昔にできてしまい、写真もたくさん撮ったし、今日は紙相撲やワークショップを予定している人もいないしで、ゆっくりいくか~と起きて歯を磨いていると、コミュニティアート・ふなばしの下山理事長から電話が。
「今、仙台に着いたんですが、今日は門脇さん、どこにいます?」とのお話。わざわざ千葉から来てくださったようで、すぐさま四丁目商店街へ繰り出し、村上先生と案内してまわりました。



まずは141にある開発好明さんの「仙台ZOO」。かなりハンターたち、意欲的にハントしてきていて、もう檻はいっぱいです。

141は地下鉄とつながっていて、エスカレーターにも開発さんの展示が。

中川和寿さんの壁画も完成。

雨どいやコンセントカバーも塗っちゃってます。こういうのにかなり来るんですよねー。

本部テントでは山本耕一郎さんの「うわさ」をゲット。下山さん、何を選んだかというと、「妊娠中らしいよ」。かなりきてます!

ムリしてアーケード上も見学していただきました。
今日は曇っていて、今いち見晴らしがよくありませんが、下山さん、かなり喜んでいただいてました。

お昼は東一市場にある沖縄料理のお店で。ここでも村上タカシ氏の「アーツ」が今日一日だけ使えることになりました。


仙台名物「づんだ」を食べようということになり、「彦一」へ。かなり混んでいて外で待つことに。

「彦一」前のスーさんの展示。もうベトナムへ帰ってしまったそうなので、箱の交換は完了です。

無事、「彦一」に入り、づんだ餅を注文。一方、下山さんは「甘味には目がない」とのことで、づんだ餅、くるみ餅、くるみしるこをたのんでぺろり。かなりメタボ気味な私にはうらやましい限りです。

最後にせんだいメディアテークへ、KOSUGE1-16さんの紙相撲を見に行きました。トロフィーやリムジンができていました。


これから青森にもよる予定という下山さんを4時くらいまでおひきとめしてしまい、四丁目商店街の切れるところでお別れしました。夜、下山さんのブログを見ると、もうさっそく今日の模様がアップされていました(こちら)。このスピードが大切ですね。

夜になって、雨になりました。



  


Posted by 門脇篤 at 23:52Comments(0)ART仙台場所

2008年05月03日

今日の四丁目商店街


今日もたいへんいいお天気です。連休初日ということもあり、たいへんな人出です。

しかし過酷な労働を想定していたのに、「毛糸の屋根」はあっという間にできてしまったため、私は本当に手持ち無沙汰です。その点、ほかの出展者の方はこの長い会期をうまく利用してそれぞれの持ち味を出しており、さすがといわねばなりません。もっとそのあたり勉強しないといけませんね。



志村春海さんの「SAP花」があちこちで咲いています。



せんだいメディアテークではKOSUGE1-16さんの巨大紙相撲力士をつくるワークショップが1時よりはじまりました。かなりの参加者が集まっています!



半端じゃなくおもしろそうです!

だんだんできあがってきて、いよいよ練習試合です。

みあって、みあって。はっけよーい…

のこったー! のこったー!

休憩中の力士

赤ちゃんもフィーバー!?
というか、KOSUGEさんたちの息子さんです。

メディアテーク1Fは壁を開け放していて、本当にいい陽気です。

定禅寺通りも気持ちいいです。

あとは何もすることがないので、ちょっと「毛糸の屋根」を見回って、はずれていた毛糸をなおして明るいうちに今日は帰ることにしました。
ではまた明日!  


Posted by 門脇篤 at 23:32Comments(0)ART仙台場所

2008年05月02日

今日の四丁目商店街


思いのほかすばやく「毛糸の屋根」ができてしまったので、今日はゆっくり写真撮影をしに会場を訪れました。
「毛糸の糸幸」さんに立ち寄ると、緑の毛糸が届いていたほか、社長さんからも「足りないと困るから」と取って置いたという10玉を受け取りました。もうおなじみのデザインの紙袋です。

今日は連休前の平日ですが、天気もよく、けっこう人出があります。「毛糸の屋根」に気づいて指を指す人やカメラを向ける人もちらほら見かけます。



四丁目商店街の定禅寺通りと広瀬通りの入り口には、上のような「うわさ」サインが設置され、「何か楽しいことやってる感」をかもしだしています。マップ置きにもなっていて、興味ある人がどんどんとっていきます。

また、実行委員やボランティアのみなさんの顔や紹介が「うわさ」風に掲示され、フレンドリーな雰囲気もアピール。


141入り口には大きな「仙台ZOO」のポスター。

開発好明さんの作品「仙台ZOO」です。

ときどき、サファリルックのハンターたちが、アニマル柄を着ている人をさがしに出かけていきます。


山本耕一郎さんの作品「一番町四丁目のうわさ」で街はもちきりです。




うわさバッジも配布されています。写真を撮っているのが山本さん。


彦一さんへの小路を入ったところに設置されているのがスーさんの「箱って?」。

ここで箱を交換し、箱にまつわるストーリーについて語り合います。

掲示されたストーリーはウェブ上でもアップされています(こちら)。


今日も村上タカシさんの作品「アーツ」を使って食事。今日は「カフェ・モーツァルト」にてランチ。かなりうまいです。

どうでもいいことですが、このあと、撤去された自転車を取りに宮城野原へ。駅の出口が楽天風になっています。

昨日に引き続き、2回もやって来ました自転車保管所。なんとも寒々しい感じの場所ですが、見方を変えるとカッコイイかもしれません。

自転車を引き取ろうとしたそのとき、「最近、自転車がなくなっちゃってさぁ…」と言っていた村上タカシ氏の見覚えのある自転車が! そう、この2日ほどの間に、内モンゴルからの研究生、私、村上先生と4人が次々と「被害」にあっていたのです。本当に仕事熱心なことです。

ということで、再び四丁目へ戻った私ですが、勾当台公園に見慣れぬ最新鋭の駐輪所を発見。無事、合法的にとめることができました。2時間まで無料だそうです(それ以上だと8時間まで100円)。



彦一前の小路の壁面を使った中川和寿さんの作品もできあがりつつあります。


せんだいメディアテークへいくと、KOSUGE1-16さんの巨大紙相撲の力士が続々とできあがりつつありました。明日1時からも制作ワークショップがあります。


雨が降るという予報でしたが、振らず、夜はやや霧が出ていました。

  


Posted by 門脇篤 at 23:12Comments(0)ART仙台場所

2008年05月01日

制作3日目


さぁ、今日も制作です。
ちょっと遅刻してしまったテインウェイさんとダブシラトさんですが、はしごをのぼっていざ、アーケード屋上へ。

てきぱきとまだ屋根のかかっていない部分に毛糸の屋根をかけていきます。


「上」で作業をしていると、下をいろんな人が通過していきます。
まずちんどん屋さん。
テインウェイさんは「あれは何ですか?」と聞いてもたぶんわからないことを質問します。

それからかなりの数のメーデーのデモ隊。
テインウェイさん、「今日は何かあるんですか?」とまたまた答えにくい質問です。
そして…お昼前に、あっけなく「毛糸の屋根」、完成です!!
これもすべて手伝ってくださったみなさんのおかげです。
作業に参加したスタッフのみなさんだけでなく、「ART仙台場所」のボランティアスタッフの方も、下でただ見ているだけという(何か危険があったときのための監視要員)本当にヒマな仕事で、別の意味でさぞたいへんだったでしょう。
とりあえず完成です。あとは細かいところを手直ししていき、6日の3時から撤去ということになります。

できあがった「毛糸の屋根」の前で記念撮影。

おなかもすいたので、141地下の「嵯峨野」さんでラーメンを食べました。

昨日、取材に来た読売新聞の県内版に「毛糸の屋根」の記事が載っていました。

「留学生3人を含む13人で作業を始めた」というところの「留学生3人」がけっこう受けてました。
いろいろ通じない日本語でコミュニケーション。
4日に榴ヶ岡公園でモンゴル相撲の試合があり、64人もの力士(?)が出るそうで、手伝ってくれたチムダさんも出るそうです。

じゃあマタネーということになった直後、その電話はダブシラトさんからかかってきました。そう、「自転車がありません!」

私も昨日もってかれましたが、まさか2日連続はないだろうという話ですね。撤去しているトラックの方に聞いたところ、それどころか連休を前に午前午後の2回やってるようです。
今日は車で来ていたので自転車をもっていかれたダブさんとテインウェイさんのふたりを乗せて、自転車保管所へ。保管所はなぜか4日にモンゴル相撲のある榴ヶ岡公園のすぐ近くでした。

私も自分の自転車を取りに明日またここへ来る予定です。

夜、でひと仕事終えたあとによってみました。
昼よりもはっきり見えるので、昼よりは見ている人や写メ撮っている人を見かけます。